【おすすめ】2歳の頃からお気に入り。我が家の絵本人気ランキングを紹介。

「園児はどんな本が好きなんだろう」
「親と子供が一緒に楽しめる絵本が知りたい」

そんな方に向けてこの記事は書いています。

我が家には園児がいます。
たまに家にある絵本の中から「この本を読んでー」持ってきます。
何冊かある絵本の中でもやはりお気に入りがあります。
我が子が特にはまっている絵本トップ3を紹介します。
ご自身のお子様や園児がいらっしゃるご家庭へのプレゼントの参考になれば幸いです。

目次

第3位_ちょっとやさしいチャレンジミッケ! シーモアのともだち

我が家の絵本人気ランキング第3位は「ちょっとやさしいチャレンジミッケ! シーモアのともだち」です。

概要

ミッケというキャラクターがどこにいるかを探す絵本です。
ミッケだけでなく他にも色々な友達がかくれんぼをしています。
各ページにお題が書かれているのでどこに探します。
本ぜんぶがかくれんぼです。
(ウォーリーを探せの簡易版をイメージしてもらうとわかりやすいと思います)

おすすめの理由

タイトルに「ちょっとやさしい」と書いてあるように子供向けの難易度です。
何を探すか文字ではなく、絵で示されているので子供でもわかるようになっています。
お題を見つけて「ミッケ!」と言うのが楽しいようです。
「どこにいるかなあ」と親が会話することで「ここにいるじゃん!」と自慢げに指します。
チャレンジミッケ!はシリーズ化されていますので、気に入りましたら買い足すのも良いですね。

第2位_いるよね~!こんなこ

我が家の絵本人気ランキング第2位は「いるよね~!こんなこ」です。

概要

ブブタというキャラクターが主人公です。
両面から読み進められるようになっています。
片方は「いるよね〜!こんなこ」
片方は「すごいね〜ブブタ」
「いるよね〜!こんなこ」は、親からするとちょっと困ってしまう子供の行動を取り上げています。
「すごいね〜ブブタ」は、逆に子供ができるようになってすごいと言われるような行動を取り上げています。

おすすめの理由

親からするとちょっと悩ましい「イヤイヤ期」をテーマにした本です。
この本を読みながら「あれ、これ○○ちゃんと一緒じゃない?」と言うと、
「違う!できるよ!」と言ってやるようになったりします。
(我が家ではその時だけなかなか続かなかったですが笑)
逆に、「これは○○ちゃんはできてるね」と自分で自慢できるので気に入っているようです。
ブブタが可愛らしく描かれているので親を悩ませる我が子のイヤイヤ行動も
この本を読んでいる時だけはちょっと可愛らしく思えたりしますよ。
イヤイヤ期を乗り越えるちょっとだけ手助けになるかもしれません。

第1位

我が家の絵本人気ランキング第1位は「ぜったいに おしちゃダメ?」です。

概要

絵本に書かれている「ボタン」を押しちゃダメという本です。
もちろんストーリーは子供にボタンを押させるように進んでいきます。
「誰もみてないからこっそり押しちゃいなよ」みたいな感じです。
ボタンを押すとラリーというお化け(?)が次のページで反応するように描かれています。

おすすめの理由

やっちゃダメと言いながら、「こっっそり押しちゃえ」というストーリー。
ボタンを押したらどうなるんだろうと好奇心が掻き立てられますよね。
好奇心を掻き垂れるストーリーが楽しくてしょうがないようです。
何回読んでもストーリーが変わるわけではないんですけどね。
ボタンを押した反応と同じことを子供にも同じようにしてあげるととても喜びます。
例えば、ボタンを押すのと同じように子供のお腹を押すなど。
子供と一緒に触れ合い遊びながら楽しめる絵本ですよ。

さいごに

現在、園児の子供が2歳の頃からお気に入りの本を3冊紹介しました。

大切なお子様の記念日にはオリジナル絵本も良いですよね。

他にもお気に入りの絵本がありますのでまた別の機会に紹介したいと思います。
みなさんもおすすめの絵本がありましたらぜひ教えてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる