【スッキリ】本の山どうする問題。電子書籍を利用することのメリットデメリット。

読書は好きですか?

本から学ぶことは多いですよね。

わたしも本を読むのが好きです。

ただ本を買うと置く場所に困ってくるんですよね。

本は読みたいけど部屋に物が増えるのがなあ・・・

図書館で本を借りる手もありますが、人気の本は予約が多すぎてなかなか読めない。

そう思って、電子書籍を試してみることにしました。

電子書籍を使ってみたメリットデメリットを紹介します。

目次

電子書籍のメリット

電子書籍を使ってみたメリットです。

  • 本の置き場所に困らない
  • スキマ時間にさくっと読める
  • 読み返したい箇所を検索可能

本の置き場所に困らない

ミニマリストには一番のメリットだと思います。

電子書籍にすればスマホで読むことが可能です。

本の種類にもよりますが、中にはかさばるものも結構ありますよね。

重くて持ち運ぶのが大変な本もあります。

そんな本が部屋からなくなってスッキリする。

持ち運ぶ時もわざわざカバンに入れなくてもOK。

電子書籍は物を減らすためには非常に有効なツールです。

スキマ時間にさくっと読める

スマホで読めるからこそですが、少しでもスキマ時間があれば本を読むことができます。

みなさんスマホは毎日触っていますよね。

スマホで何をしていますか?

暇つぶしのためにスマホを触っている方も多いと思います。

電子書籍なら暇つぶしにも読書ができます。

あの本読みたいなーと思ってもカバンに入ってなければ読むことができません。

電子書籍なら外出先でも暇な時間ができれば読書の時間に充てることができます。

専用の電子書籍リーダーも持っていますが、わたしはスマホで読んでいます。

スマホの方が気軽にスキマ時間で読書ができますからね。

読み返したい箇所を検索可能

電子ならではの調べやすさがあります。

あのフレーズを参考に資料作成したいんだけど、どこに書いてあったけ?

あの箇所だけ読み返したいんだけど、どこに書いてあったかしら?

アナログの紙だと検索するときが大変ですよね。

電子書籍なら検索が可能です。

キーワードさえ頭の片隅に残っていれば検索ができます。

また気に入った箇所にはハイライトすることもできます。

ハイライト箇所のみを検索することもできますので、ポイントだけ読み返したい時など重宝しています。

電子書籍のデメリット

続いて電子書籍のデメリットです。

  • 読み終わっても売ることができない
  • (スマホだと)目が疲れやすい

読み終わっても売ることができない

電子書籍だと売ることができません。

紙なら読み終わったり、途中で飽きてしまって、もうこれ以上読まない本なら売ることができます。

何回も読み返す本と一回読んだらもう読まない本とありますよね。

後者の場合、売ってしまうことで少しでも節約になりますが電子書籍だとできません。

その分、一般的には電子書籍の方が紙よりも価格が安いので、どちらが自分に合うか好き嫌いが分かれると思います。

(そもそも売るつもりで本を買う人はあまりいないかもしれませんが)

(スマホだと)目が疲れやすい

目が疲れやすいということもデメリットですね。

本よりも明らかに疲れやすいと思います。

ただ、これはスマホで読むからです。

電子書籍リーダーを使えばそこまでの疲れは感じません。

また軽いのでカバンに入っていてもそこまで荷物にはならないです。

わたしは外出時は極力荷物を減らしたいので持ち運びはしませんが、多少荷物は増えても構わない人にはアリだと思います。

わたしは電子書籍派

メリット/デメリットいかがでしたでしょうか?

人それぞれ合う合わないあると思います。

わたしは電子書籍派です!の紹介でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる